ネットショップをオープンする前に商品がどれだけ売れるのか予測してみよう【シンプル・簡単】【売上】【販売数予測】

販売したい商品があるから、オンラインショップで売ってみたい。きっと売れるだろう。そういった方は結構多いですよね。

まずは、取り扱う商品がどのくらい売れるのか調べましょう。

オンラインショップ開店の前に

オンラインショップをただ開けば売れるものではありません。よくあるのが、現状の販売方法だけでは思ったほど売れないのでオンラインでも売ってみよう。オンラインショップなら皆に見てもらえるから売れるだろう。なんとなくの感覚だけの動機しか無いような気がします。オンラインショップも一事業なのです。しっかりと利益を出さなければ続けていくことはとても難しいです。最初に事業計画を立ててすすめるようにしてください。

販売したい商品が、本当に売れるのか、そしてどのくらい売れるのか事前に予測しておきましょう。

利益計算

利益の計算は、当然されると思いますが、もし、楽天やヤフーなどへ出店される場合、月額出店料以外に販売手数料、クレジットカード決済手数料などがかかります。また、広告費などもかかってきますので広告を掛けられる予算も検討していかなければいけません。楽天やヤフーなどに出店すれば売れるだろうと思われる方もいるかも知れませんが、アクセスを更に流入させるために広告費が更に必要になってきます。掛けられる予算を考えておきましょう。商品に需要があり競合がいなければ、簡単に売れるかも知れません。競合が多い商品は、なかなか売れ無いかも知れませんし、価格競争で利益が出ないかも知れません。そのため、状況によっては、その中で戦っていくには広告も必要になってくるのです。

まずは、情報収集のために資料請求をしてみましょう。売上アップを目指すなら楽天市場へのお申込みはこちら←いますぐ数項目を簡単入力で資料をPDFダウンロードできます。※郵送してもらうことも可能です。

利益計算にあたって、利益は当たり前ですが、利益=売上ー経費ですね。経費には、各種手数料以外に送料やその他もあると思いますのでそのあたりの必要な経費等をよく調べた上での商品選定が必要になります。単純に粗利(売上から仕入を引いたもの)はあったのにその他の手数料で思ったより利益がなかったとか、広告を打ちすぎて赤字になってしまったというのはよくある話です。

そして、売上は、来客されたうちの何人がいくらのものを購入していくのかということですが、ネット販売の場合、以下のような公式になります。

売上=アクセス数x転換率x販売単価

どれだけアクセスが来てそのうち何人がいくらのものを買って行くのかということです。とても単純なことですが、これを意識しないですすめていくと無駄な行動をしてしまうことになるので、しっかりと意識して商品を考えていきましょう。

販売数

販売数の調査も重要です。これがわかれば、だいぶ安心感を持ってネットショップをオープンすることができるのではないでしょうか。全く売れない商品を販売しようとあれこれやり続けても仕方ありませんね。販売数は、売ってみなければわからない、そうかも知れません。テスト販売をしてみるのも手です。多少の資金を投入して販売してみて何人が来て、そのうち何人が買っていったのか調べてみても良いと思います。

ただ、事前にこのような形で予測検討もできると思います。

販売数=検索ボリュームx転換率x競合ページ

  • 検索ボリューム ※一般的に検索されている数です。これは、事前にGoogleや各店舗などある程度調査ができるでしょう。
  • 転換率 ※プラットフォームや取扱ジャンルなどでも異なると思いますが、平均2〜3%程度だと言われています。楽天等の優良店は、およそ5%だったりAmazonでは10%などといわれていますので、各状況にも異なり公表されていたりすることがありますのでそれらの数字を利用してもよろしいかと思います。
  • 競合ページ数 ※これは実際に調べればよいですね。

このように調べた上で計算してみると良いでしょう。Amazon等の場合は、ランキング表示もありますのでランキングからどの程度売れるか推測できます。

例えば、検索数が月間100,000件あったとします。競合ページは、100ページ。転換率は3%で計算してみましょう。

100,000÷100×3%=300

月間300コほどの商品が売れると予測できます。この商品が仮に10000円のものであれば、300万円の売上がこの商品だけで見込めるということになります。

また、このような計算をしてみて実際は単価の安い月間1個や2個程度しか売れない商品ばかりだとするととても厳しい気がします。それでもやってみたいという人がいるかも知れません。月額費用や人件費含む運営費が割にあうなら構わないと思います。しかし、ネットショップ運営にも手間がかかりますので時間やお金を無駄にしたくなければ出店しないという判断もありだと思います。少ない販売数で利益が大きい商品は別として一般的に需要のない商品で戦いを挑むのは無謀ですね。

これらは、あくまで予測となる数字なので、実際にテスト販売などをして数字を当てはめていくとより正確な数字になり、今後運営をしていく上で更に精査していけるでしょう。

このように感覚で販売していくのではなく、数字、データをもとに考えていくととても簡単に売上を上げ利益を出すことができる気がしませんか。しかし、このように簡単にうまくいことではないですが、最低限やらないですすめるよりは絶対にこのような数字、データを用いてすすめるほうが他店より有利なのは間違いないですよ。

事前に販売数や売上が予測できるだけでもかなり安心感が違うでしょう。取扱商品予定を予測販売数や売上から目標を立ててしっかりと事業計画を立ててネットショップをスタートしましょう。

↑こちらの記事もネットショップを始める前に読んでおくと参考になるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました