Amazonで商品を販売するとき、大口出品と小口出品どちらが良いのか【違い】【結論:大口出品】

商売でオンラインで商品を販売する場合、自社でネットショップなどを作って販売する方法があると思いますが、なかなか一般の方に膨大なWebサイトの中、ネットショップを認知して購入してもらうことはとても難しいと思います。

また、いまは殆どの方が一般的にインターネットで物を購入するときは、直接、Amazon、楽天、ヤフーショッピングといったキーワードでネットモールへ直接行った上で購入することがほとんどで、自社のネットショップを作って広告費を掛けて時間を掛けて認知させていくのはとても大変なことで大手のプラットフォームへ出店していくことになるでしょう。このなかでも、世界的にもNo.1企業と言えるAmazonでの販売は欠かせなくなってきています。商品量、価格、配送スピードなどすべての面で他社に勝っているように思います。

Amazonで出品

Amazonの出品プランには大口出品と小口出品の2種類があり、どちらかを選択することが可能です。

大口出品サービス

大口出品は、月額登録料4,900円と注文成約時にかかる販売手数料がかかります。

オリジナル商品やすでに売られている商品も出品が可能です。出品数やカテゴリーが無制限で出品でき、データ分析レポートなどが利用可能になっています。

小口出品サービス

小口出品は、一点注文毎に100円の基本成約料と注文成約時にかかる販売手数料がかかります。小口出品は、Amazonにすでにある商品のみ出品可能です。自社オリジナル製品を販売する場合は、小口出品ではできないようなので大口出品となりますね。

大口出品サービスと小口出品サービス比較

大口出品サービスと小口出品サービスを比較してみます。

大口出品小口出品
費用月額4,900円+販売手数料1点注文毎に100円+販売手数料
一括出品ツールありなし
注文管理レポートありなし
出品者独自で配送料金・配送日指定ありなし
法人向け販売機能ありなし
決済方法(自社発送の場合)クレジットカード
Amazonギフト券
「Amazonショッピング
カード」
請求書払い
携帯決済
コンビニ決済
代金引換
Edy払い
クレジットカード
Amazonギフト券
「Amazonショッピングカード」
請求書払い
携帯決済

大口出品と小口出品では大きく使える機能が異なります。やはり、せっかくビジネスでやっていくなら大口出品で行うのが一般的なようです。

また、大口、小口共に利用できるFBAというサービスがあります。

FBA(フルフィルメント by Amazon)

FBAとは商品の保管から注文処理、配送、 返品対応までをAmazonが代行するサービスです。

フルフィルメント by Amazon (FBA)とは、出品者様に、Amazonの物流拠点(フルフィルメントセンター)に商品をお預けいただくことで、Amazonが商品の保管から注文処理、配送、返品に関するカスタマーサービスまでを代行するサービスです。また、FBAを利用した商品にはプライムマークが表示されるため、購入者への訴求力が高まり、売上アップが期待できます。FBAを利用されている出品者様を対象とした調査結果では84.6%の出品者様が「FBAの利用を開始したことで利用前と比較して売上が向上した」と回答されております (2016年4月Amazon調べ)

このようなメリットがあります。

  • 在庫保管から配送までの 業務を軽減
  • プライムマークが表示され 購入者への訴求力アップ
  • 初期費用不要 簡単に利用開始

これを使わない手はありません・・・。業務効率化・売上訴求、簡単利用開始というとても便利なサービスです。当然FBA手数料というコストもかかることなので費用対効果を見て検討されてみてはいかがでしょうか。

結局どちらを使えばよいのか

結局どちらが良いのかということで、断然、大口出品サービスでしょう。月額4,900円+販売手数料、FBA手数料がかかってきますが、とても便利なサービスです。小口の場合、1点あたり100円ということなので50点以上売れる見込みが出てから大口サービスにするという方法でも良いと思いますが、趣味で販売するのではなく、業務で行う以上、レポートが利用できたり、各種便利なサービスがありますので業務効率化、売上訴求等のことを考えればやはり、最初から大口出品サービスで行っていくのが良いと思います。さらにFBAサービスも合わせて利用するととても業務効率化、売上訴求の面でかなり大きいです。

タイトルとURLをコピーしました