訪日観光客に声をかけられたときの返答に困っていませんか【英語】【英会話】これで解決できます

観光立国を目指す日本ですが、日本政府観光局のデータによると2018年には、3100万人以上の訪日観光客が来ています。2019年度9月末では、2400万人を超えています。

街中でも外国人の方を当たり前のように多く見かけるようになりました。電車や都内にいると声を掛けられた経験がある方も多いのではないでしょうか。全てではないですが、外国人に慣れていない日本人の方なのでしょうが、声をかけれて逆にパニックになってしまっているのをたまに見かけます。

訪日観光客との英会話

英語が苦手とはいえ、簡単な単語だったり、ジェスチャーなどで多分、聞かれたことはなんとなく理解はできるのでしょう。しかし、返答に困ってしまっているのだと思います。

そんなときのための基本的な返答などがスムーズにできると相手もそうですし、自分も少しでも貢献できたことが嬉しいことですよね。

私の経験上、目的地へどう行けばよいのか、これで間違っていないかを尋ねられるのがほとんどだと思います。

英語が話せますか?と聞かれたら、自信がないからとNO!といわずに。。少しでも返答できるようになりたいですね。せめてこんな返答をしたいですね。

Just a little. Could you speak slowly?

路上で聞かれたとき

殆どが路上で声をかけられることが多いでしょう。訪ねてきている外国人は、道に迷っているときや本当に正しいのか不安になっているときなので少しでも安心させてあげたいですね。

Is Meiji Shrine this way?

明治神宮はこの道ですか?と聞かれたらどう答えるでしょう。

大抵は、一応、間違っていなければ、Yesとだけ答える方が多いのでしょう。できれば、もう一言付け足してサポートしてあげたいですね。

Yes. Go straight and turn left at Jingumae Intersection. You’ll see it in front of you soon.

文法を気にするあまり話せなくなるよりも、まずは、単語などだけでも言えるときっと伝わりますよ。例えば、このような言葉を知っているとスムーズに伝えられると思います。あとは、単語と組み合わせて応用してみてください。

  • Go straight this way ※まっすぐこの道
  • Go down this hill ※この坂を下ると
  • Turn right ※右に曲がって
  • Then turn left ※そして左に曲がって
  • at the end of this street ※この道の突き当り
  • at the second corner ※2番目の角
  • three blocks and turn left ※3ブロックいって左に曲がってください
  • You’ll see ※見えてきます
  • Let me check… ※調べてみます。。。(スマホなどで調べてあげるときに良いですね)
  • over there ※あそこです(指差して伝えてあげても良いですね)
  • right here ※すぐそこです

このよく使いそうな言葉を覚えて置くと良いと思います。あとは、組み合わせるだけですね。

駅で聞かれたとき

駅やバス、電車の中でも尋ねられることがあるでしょう。

How can I get to Asakusa?

浅草までどうやって行けばよいですか?と聞かれたらどうしましょうか。駅員さん等が近くにいればよいですがいなくて聞いてきているのでしょうね。

Take the Asakusa Line. ただ、浅草線に乗ってくださいという返答ですね。

あとは、よくあるのが

  • 何番線か聞かれたときは ※1番線の場合、It’s Track 1.などと答えてあげればよいですね。
  • この電車は〇〇駅に停まりますかと聞かれて反対方向の場合は、Take the train going the other way.といってあげればよいでしょう。あと何番線を教えてあげても良いですね。

困っている人がいたら

いろいろな場所で困ってそうな人を見かけることがあります。見て見ぬ振りして通りすぎる方も多いですが、せっかく日本に観光に来られているのにとても不安なときなので一言声かけてあげたいですね。

May I help you?

ひとこといってあげると良いですね。これが出てこなければ見て見ぬ振りだけではなく、Are you ok?でも相手にとってはとても嬉しいひとことだと思います。

夢のAI通訳機 POCKETALK(ポケトーク)をつかう?

今話題のAI通訳機を知っていますか?これがあると英会話などの不安が解消されますね。POCKETALK(ポケトーク)は、互いに相手の言葉を話せない人同士が自国語のままで対話できる双方向の音声翻訳機です。

英語だけに限らず、74言語に対応しているので世界中の人と会話でき、クラウド+AIで長文も瞬時に訳せ、契約不要、通信料金なし133の国や地域で使えるのです。日本国内だけで利用できるだけでなく、海外旅行に行った際にも活用できますね。これは、普段から一台持っていると本当に便利ですよ。

ほかにもいろいろな場面がある

今回紹介した以外にもいろいろな場面があると思います。英語に自信がない方は、そんな場面を想定して調べておくと安心ですね。使うときがなかなかないからと言っていたら永遠に無いでしょう。向こうから声かけられるのを待つだけでなくこちらから声をかけてあげてもよいのですから。きっと、英会話に自信がないと言っていたあなたもこのあたりから覚えて一言二言話せるようになるともっともっと話しくなって英語が好きになるかも知れないですね。

自分が、少しでも苦手だからと話さないのではなく、そうなっていきたいと思い、この記事を書いてみたのでした。。。

ビジネスにも英語は不可欠になってきています。できないできないといって、通訳を介して話すだけでなく、簡単な意思疎通くらいは直接できるようになりたいですね。

タイトルとURLをコピーしました