トレードで失敗する人の3つの特徴

株を始めたが、なかなかうまくいかない。そんな人の3つの特徴をみてみよう。

トレードで失敗する人の特徴

トレードを始めてよくある失敗する人の特徴は、この3つである。

  • 売買ルールがない
  • 塩漬けにしてチャンスを逃している
  • 資金管理が甘い

売買ルールがない

自分の売買ルールを持たずに、なんとなく感覚で買ってしまう。そして、少し利益が出ただけで売ってしまう。

特に始めたばかりの時は、トレードがしたくて仕方がない。ゲーム感覚になってしまい、トレードのタイミングではないのに売買を行いたくなってしまうので注意したい。

データからシミュレーションをして利益の出る方法を探ってみることはとても重要である。一度決めた売買ルールも時代に応じて手直しや見直しは必要だろう。

塩漬けにしてチャンスを逃している

これもルールを守れないことから来ており、いつか上がるのではないかと感情的に期待して結局戻らずに放置してしまっている。実は、売却して、次のタイミングを待っていればチャンス局面はいくつもあったはずである。潔く自分のミスを認めて次のタイミングに備えるべきである。逆指値をかけてロスカットすることも重要である。

資金管理が甘い

特に感情が入ってしまうと、一気に取り戻そうとしたり、早く儲けようと資金全額を投下してしまい、身動きができなくなってしまう。しっかりとした資金管理を行いたいところである。

まとめ

投資とトレードは違うことも理解する必要がある。

結局のところ、シミュレーションをして、自分の売買ルールを作り、それを徹底して守る。繰り返しトレードすることにより再現性も大きくなる。データを常に確認し、ルールの精度をあげていくようにしたい。自分のやっていることを理解し、勝ちパターンが見えてくれば、当然利益も増えてくるだろう。

タイトルとURLをコピーしました