ゼロから組織を立ち上げるための5つの戦略【起業戦略】

ゼロから組織を立ち上げるのは、大変なことです。頭で考えるのは簡単ですが、実際に行動で行う場合とはまた違います。

何度か組織立ち上げを経験すれば感覚的に経験上わかるようになると思いますが、特に初めての起業等の場合は、とても苦労することでしょう。

起業戦略

起業する際の戦略としていくつか重要なことがあります。

  1. 時流に乗る
  2. 良い師匠を持つ
  3. 自分の名前を売る
  4. 大義を掲げる
  5. 信頼を得る

時流に乗る

やはり起業する際、時流を読み、活用していくことはとても重要なことです。やはり時流にのった事業は成功する可能性が高まりますし、逆に逆行した事業は、世間に受け入れられるのはとても難しいでしょう。

時流を読むということは、人々の思いを読むことでもあると思います。そしてその時流を読んで、実際に始める勇気も必要になります。いくら時流を読めても最初の一歩を踏み出さなければいけません。

時流だと判断した際には、まず実際に前に進んで行く事が必要です。いくら自問自答して悩んだところでなかなか結論はでないことが多いのですから。

最初の一歩を踏み出すことで、時流に乗りだすことができるでしょう。

良い師匠を持つ

どんなに素晴らしい人でもやはり大きなことは一人で成し遂げることは難しいです。成功できる人を多くの優秀な人材を集め、能力を発揮してもらう必要があります。そのようなときに、相談やアドバイスを貰える師匠の存在がとてもその後の成功に関係してくることでしょう。ときには厳しく、実際にアドバイスが貰えなくとも事業の参考にできるような方がいるというのは大きな力になります。

また、師匠だけでなく力を借りることができる良い人材を集めたり、尊敬できる人が周りにいるということが重要です。

なんとなくダラダラと意味のない付き合いが多い現状を変えることが大事です。

自分の名前を売る

自分を知ってもらう。ブランド価値を高めるということはとても重要です。自分を知ってもらうことにより仕事も効率的になります。

仕事がやりやすくなることの他に、名前を売ることにより良い人材を集めることも容易になります。

大義を掲げる

組織を成長させるためには、経営目標を示すことが重要です。経営目標は、ビジョンともいわれ、対外的にこれから行うことやこれから向かおうとする道筋を示すことにもなります。対外的には経営戦略を立案する際の指針にもなります。

社会からの評価を高め、多くの人材を集めるためには、説得力のある大義はとても大事ですが、注意しなくてはいけないこともあります。

大義はを掲げることは必要ですが、言葉だけの大義であってはいけません。仕事を行う上で大義は大事ですが、その大義が本物か偽物かは、最終的には人に見抜かれてしまいます。しっかりとしたもので継続して示されるものである必要があります。

信頼を得る

事業を行う上で信頼はとても重要です。たとえ優れた才能に恵まれていなかったとしても信頼を勝ち得ると多くの協力者、優秀な人材が集まって大きな仕事を成功させることも可能になります。

自分の発した言葉をしっかりと守り、実行することや最後まで人を見捨てない等があるでしょう。

目先のお金よりも世間に信頼を得るための活動を行うことも必要かもしれません。現代の社会は、先行きに大きな不確実性があり、人々は将来にとても不安を感じている方も多いでしょう。安心に変わるとき信頼にもつながるのではないでしょうか。

目先のものよりも信頼を勝ち得ていくということは長期的に事業を続けていく上で大事ですね。

まとめ:起業戦略に大事な5つのこと

起業戦略として大事な5つを紹介しました。

起業戦略に大事な5つ
  • 時流に乗る
  • 良い師匠を持つ
  • 自分の名前を売る
  • 大義を掲げる
  • 信頼を得る
  • 時流に乗る:社会状況や人々が望むことを知り、それを自分の仕事に活かすことで、成長に繋がります。
  • 良い師匠を持つ:ゴールや道筋をアドバイスしてくれる相談相手を得ることはとても重要です。
  • 自分の名前を売る:自社などの名前を売ることで社会に認知してもい効率的になります。
  • 大義を掲げる:説得力のある経営目標を掲げることで優秀な人材が集まります。
  • 信頼を得る:商品やサービスの信頼、自分に信頼を持ってもらうことに努力をし続けましょう。

これら5つのことをスタート時に意識して起業するだけで今後の事業の成長に役立つでしょう。起業してしまうといろいろなことで忙しくなり、ついつい忘れがちですが、たまに振り返ってみることも大事ですね。

タイトルとURLをコピーしました