他人と比較するいる従業員。成長するかもしれない。

あなたは、他人と比較をしていませんか?
もしくは、周りで他人と比較ばかりする人はいませんか。
それは、ある意味仕方ないのかもしれません。

他人との比較は、良くないことだといわれることもありますよね。

他人と比較

人は、いつでも自分のことを正しく評価したいと思うでしょう。
だからこそ、人は、他者との比較をするのです。
そしてその比較も自分の都合が良いように比較してしまうことが多いです。

例えば、
仕事で失敗した時は、自分よりも仕事のできない人と比較したり、さらに大きな失敗した人と比較を行い、自己肯定感を高めようとします。
また、逆に、少し仕事でうまくいっていて自信が少しついている時は、自分よりも優れている人と比較を行うことが多くなります。これにより現状に満足することなく、より高い目標を持って進むことができるからです。

比較は自然なこと

他人と比較というのは、自然なことで、落ち込みから回復したり、現状に満足せず次のステップに進むための精神的な側面があるのでしょう。

ただ、比較が行き過ぎていることを目にすることがあります。比較して終わりではないのです。
例えば、いつも人を下に見下してしまっていたり、妬むだけで何もしない、優れた人を見て自信を無くしてしまっている人がいますが、これはとてもよくないことだと思います。

比較は、目的ではない、手段である。

比較は、何のためにしているのでしょうか。
比較は、目的のための手段として使うべきであり、競争を意識して、自分を成長させるための手段である必要があると思います。それ自体が目的となってしまっているような人がいるのも事実で、自分は、そうならないように注意していきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました