BritishAirwaysのJALコードシェア便羽田から各都市まで行くのにAviosがどのくらい必要なのか調べてみた【新千歳/関西/福岡/那覇/台北】

結局British AirwaysのAviosは、どのくらい必要なのか

Amexのクレジットカードを使っているとポイントをANAマイルに移行するか、国内線用にAviosに移行するのが最もお得なようです。一時期は、支払いに使ったり、ポイントで商品に交換したりしましたがあまりお得な感じはしませんでした・・・。

そこで、British AirwaysのAviosがどんどんたまってくるので、羽田から観光で行きそうな各都市に往復でどのくらいで行けるのか調べてみました。2019年10月現在です。

  • 新千歳
  • 関西
  • 福岡
  • 那覇
  • 台北

羽田〜新千歳は、12000Avios+1120円

羽田〜関西は、12000Avios+1460円

羽田〜福岡は、12000Avios+580円

羽田〜那覇は、21000Avios+820円

羽田〜台北は、22000Avios+10990円

那覇以外は、12000Aviosでいけるようですね。那覇は、21000Aviosと急に跳ね上がりますが、それでもお得といえばお得なのでしょう。海外でいうと台北も那覇と変わらない22000Aviosですが、+10990円がかかるようです。通常航空券とこのあたりがぎりぎり損益分岐ラインでしょうか・・・。

試しに国際線で使ってみました。

ちょうどインドネシア・ジャカルタに行く機会があり、余っているAviosがあったので使ってみることにしました。往復で60000 Avios + ¥ 16,620でした。

時期により変動すると思いますが、ハイシーズンの全体的に料金が高い航空券ときに予約できるととてもお得な気がします。ただローシーズンで安いときに予約すると少しもったいないようです。

座席指定もできる

JALの座席指定も可能なのでぜひ利用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました