損切り、利益確定できないあなたへ。OCO注文すればよい。【デイトレード】【株式市場】【FX】

トレードには便利な注文方法があるのを知っていますか?初心者の方はただ売買だけだと思いますが、便利な注文方法を使うことをお勧めします。これはあなたの損失を少なくし利益を上げる手助けとなるでしょう。

損切り、利確ができない

トレードをしていて、こう思ったことはないですか。

  • 損切りができなかった・・・
  • 利益確定しておけばよかった・・・

損切りしておけば、損失がこんなにも拡大しなかったのに。あの段階で利益確定しておけば利益出ていたのに。トレードされている方は、誰しもそう思ったことはあるでしょう。

きっと、あなたは、ある程度のルールは決めていますよね。適当に売買しているわけではないですよね?それならば、最初から損切りライン、利確ラインの目安はあると思います。それを最初から設定できる便利な特殊注文方法があります。それがOCOです。

OCO注文

OCO(オー・シー・オー)とは、One Cancels the Otherの略で、新規注文または決済注文において、異なる2種類の指値(ストップ)注文を同時に出しておき、いずれか一方が成立したら自動的にもう片方がキャンセルとなる注文方法です。
例えば、現在350円の買ポジションを持っていて、380円なったら利益確定の指値売り、340円になったら損失限定のストップ売りをしたい場合などに有効です。

新規注文でも使えますし、注文後、状況を見ながらOCO注文を設定しても良いと思います。

感情では負ける

注文後、ずっと見ていることができない私は、この注文方法を知らずにいつも損切りラインのみばかり逆指値で設定しており、いつも利確ができないでいました。知っていても使わないで自分の判断を信じてトレードしていましたがやはり欲を出してしまったりして感情に流されてしまいます。そうならないように決めておくと良いでしょう。もしくは、タイミングを見て損切りラインや利確ラインを上げていき、損失を最小にして利益をできる限り上げられるよう徐々に訂正していくという方法も良いと思います。

無料で使える

SBI証券等主要証券では、無料で使えますのでぜひ使いましょう。

SBI証券のツールHYPER SBIの場合、左上のメニューから特殊注文を選択すると特殊注文のウインドウが表示されます。

特殊注文方法

以下を設定するだけです。

  • 取引区分を選択
  • 枚数
  • 利益確定の指値
  • 損切り逆指値

他にIFD注文IFDOCO注文等というもありますが、これらは手数料がかかりますし、慣れている人以外は、特に使う必要もないでしょう。

OCO注文ぜひ使って利益を確実にとっていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました