CFDの日経225と先物の日経225の違いは?【短期でも長期でもCFDおすすめ】

今回、私が普段株式投資で利用することのある証券会社SBI証券のCFD(くりっく株365)と先物の違い、そして、どっちをすれば良いのかを考えてみることにしました。

CFDと先物の違い

  • CFDは、長時間取引でき、祝日でも取引が可能です。先物は、祝日取引ができません。
  • CFDは、買いポジションを保有していれば配当相当額を受け取ることができます。先物は配当はありません。
  • CFDは、限月といった取引期限がないため、決済期限を機にすることなく長期でポジションを持つことができます。先物は、取引期限までにクローズしなくてはいけません。
  • CFDは、臨時証拠金制度がなく、必要証拠金の変動も先物ほど大きくない。先物は、価格変動が激しい市況の場合必要証拠金が増えてしまうことがあります。
CFD(くりっく株365)株価指数先物取引
投資対象日経225証拠金取引日経225ラージ
取引単位株価指数x100円株価指数x1,000円
レバレッジ20-60倍10-30倍
臨時証拠金制度なしあり
手数料156円/枚立会 275円/枚
取引時間8:30-6:008:45-15:15/16:30-5:30
祝日取引ありなし
配当ありなし
金利ありなし
決済期限なしあり

CFDがおすすめ

CFDの方が圧倒的にメリットが多いです。ほぼ1日中取引可能、そして祝日も取引可能でデイトレードにも向いていますね。また限月もないため長期にも向いています。短期、長期のどちらにも向いています。

私は、通常は、株式メインでデイトレードを行うことが多いですが、銘柄選びも大変です。銘柄選びに苦労することもなく、売りからも入れるCFDは、良いですね。

取引時間が長いとNY市場が動いても取引タイミングを逃すこともないです。祝日や連休、そして夜間と日経先物が動いても対応が可能なのはありがたいです。

【くりっく株365の時間的メリット】SBI証券Webサイトより

現物や先物のヘッジ手法として使うのも良いかと思います。

タイトルとURLをコピーしました