マーケティングとは【基本概念】【顧客満足】

なんとなく仕事でマーケティングという言葉を使っていることも多いと思います。これまでよくわかっていなかったという方は、基本概念くらいは知っておきたいですね。

マーケティング

まず、マーケティングとは市場対応するためのすべての活動です。

AMA(2007)の定義によると

マーケティングとは、顧客、依頼人、パートナー、社会全体にとって価値ある提供物を創造・伝 達・配達・交換するための活動、一連の制度、プロセスである。

としています。

マーケティングの概念とは、顧客重視の考え方、すなわち顧客が何を必要とし、何を欲しているか、 そのニーズを考えるところから始まります。

マーケティングの仕組みの基本は、顧客の立場に立った時に、誰に、何を、いつ、どこで、どのようにすれば、顧客に満足してもらえるかを考えながら、マーケティングの諸活動を選択することが重要です。

顧客満足(Customer Satisfaction)が基本です。

マーケティングコンセプト

ここですこしマーケティングコンセプトを見ておきましょう。

  • 生産志向マーケティング ※できるだけ多く作る
  • 販売志向マーケティング ※できるだけ売る(商品ありきの考え方をプロダクトアウトという)
  • 顧客志向マーケティング ※顧客ニーズにあった商品を生産、提供(マーケットイン)
  • 社会志向マーケティング ※社会全体利益優先

マーケティングコンセプトは、生産優先の考え方から販売優先になり、そして顧客優先になり、現在は、社会志向マーケティングが主流になってきています。

ニーズとウォンツ

参考までニーズとウォンツもマーケティングには重要なので抑えておきたいですね。

企業は、顧客の潜在化されたニーズをもとに、このような商品が欲しいとウォンツに導く活動が必要です。

企業は、顧客の潜在的なニーズをつかんだうえで、商品を顧客に提供できれば顧客満足を獲得できるし、競争優位性を保つことができます。

さらにウォンツの状態にある顧客に経済力が備わった状態をディマンズといいます。

マーケティングとは。

結局、マーケティングとは、顧客、依頼人、パートナー、社会全体にとって価値ある提供物を創造・伝 達・配達・交換するための活動、一連の制度、プロセスということが理解できれば良いと思います。

顧客満足が基本です。

タイトルとURLをコピーしました