経営戦略とは?【定義・種類】

ビジネスを行うにあたって経営戦略は不可欠です。戦略も練らずにスタートする方もいますが、ほとんどうまくいくことはないでしょう。仮にラッキーパンチでうまくいったとしても長く続くことはないですね。

経営戦略とは?

経営戦略とは、何であるかというところを考えてみましょう。

事業を行うための戦略を考えるんでしょう?という感じは、なんとなく分かりますよね。なんとなくだけではだめですね。。。

経営戦略の定義

では、経営戦略とは、何でしょう。

アメリカの経営史家のチャンドラーは、経営戦略とは、

企業活動の基本的な長期目標と目的を達成するために必要となる行動のコースを決定し、経営資源を割り当てることだ

と定義しています。

戦略的経営の父ともいわれているアンゾフは、経営戦略は、

企業の事業活動について広範な概念を提供し、新しい機械を探求するための個別的な指針を設定し、企業による選択の過程を最も魅力的な機会だけに適用する意思決定ルール

としています。

このように経営戦略の定義は、論者によってさまざまではありますが、集約すると経営戦略は、企業が環境の変化に適応し、経営資源を適切に配分して将来にわたって存続、成長していくための指針だといえるでしょう。

経営戦略の種類

経営戦略には、企業戦略、事業戦略、機能別戦略があります。これらの企業が策定する経営戦略には、整合性と一貫性が必要となります。

  • 企業戦略:全社的な活動分野の選択、集中と経営資源の配分を決定する最も重要なものです。
  • 事業戦略:事業単位での競争戦略のことであり、コストリーダーシップ戦略、差別化戦略、集中戦略などがあります。
  • 機能別戦略:企業全体の経営機能に関するものであり、技術戦略をはじめ、販売戦略、購買戦略、人事戦略、財務戦略などがあります。

まとめ

経営戦略とは、企業が環境の変化に適応し、経営資源を適切に配分して将来にわたって存続、成長していくための指針であるといえます。経営戦略には、企業戦略、事業戦略、機能別戦略があります。

ちなみにこの経営戦略の主な構成要素として、ドメインの設定、資源配分の決定、競争優位性の構築、シナジーの活用などがあります。

ざっくりと経営戦略の定義と種類が理解できたところで、経営者は、今後更に深く学ぶ必要がありますね。

タイトルとURLをコピーしました