マーケティングとは何かと聞かれた時に答えられないあなたへ

マーケティングという言葉をよく日常で聞くことがあるが、実際何なのだろうか。もし、あなたがマーケティングとは何かと聞かれたら即答できるだろうか。

なんとなく、市場調査のこと、プロモーションをすることなどと答える方が多いのではないだろうか。確かにそれらは、マーケティングの重要なプロセスの1つであるが、これに限定してしまうのは狭い考え方である。

マーケティングとは何か

マーケティングとは、どういうことかを全米マーケティング協会、コトラー、ドラッガーは、このようにいっている。

全米マーケティング協会

マーケティングとは、顧客、依頼人、パートナー、社会全体にとって価値のある提供物を創造、伝達、配達、交換するための活動であり、一連の制度、そしてプロセスである。

マーケテイング学者であるコトラー

マーケティングとは、個人や集団が、製品及び価値の創造と交換を介して、そのニーズや欲求を満たす社会的、経営的プロセスである。

経営学者のピータードラッガー

マーケティングの理想は、販売(売り込み)を不要にすること

マーケティングは、顧客重視

マーケティングは、顧客重視で考えなければいけない。どんなに良い商品があっても顧客が必要とし、その商品に対して価値があると思ってもらえなければ、意味がない。まず最初に顧客のニーズを考えることが重要なのである。

私の中でのマーケティングとは

私がもしマーケティングとはと聞かれたら、ピータードラッガーの言う、マーケティングの理想は、販売(売り込み)を不要にするということが大変わかりやすく自分の中でかなりぴったりとくる。

タイトルとURLをコピーしました