Google Search Consoleで「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」とエラーが出るときの対処法

WordPressなどでブログなどWebサイト運営されている方は、Google Search Consoleを使っている方も多いでしょう。まれにエラーなどGoogleから通知されることがあります。特に何もしなくても良いのですが、そのままにしておくのも気になるのでサクッと対処してしまいましょう。

送信された URL に noindex タグが追加されていますの対処

送信された URL に noindex タグが追加されていますと表示されています。このような表示ずっと続くと気持ち悪いですよね。ずっと放置していたのですが、やはり気になるのでサクッと直してしまいましょう。

送信されたURLにnoindexタグが追加されています

通常、noindexタグは、Googleの検索エンジン等のロボットに検索されたくない場合に使用します。例えば、社内文書であったり、特に公開するほどのものでもない場合、noindexタグを付けるのですが、何らかの理由でそれがGoogleに読み込ませるように送信してしまっていることが原因でエラーが出ています。修正方法は、そのnoindexタグを含むページを送信しなければエラーが出なくなります。

対処法

WordPressを運営している方であれば、XML-sitemapなどのGoogle Search Consoleに読み込ませ歌目のサイトマップのプラグインを使用している場合があります。それらのプラグインを利用している場合、sitemap.htmlという自動生成されたページがnoindexが設定されて読み込まれてしまっているためです。

XML-sitemapの場合

HTML形式でのサイトマップを含めるという項目があるのでこのようにチェックを外せばエラーが出なくなります。同様なプラグインを使用している場合もそういったファイルを作らないようにすれば解決できます。

エラーが出ているとどんなミスをしているのかとても不安になりますが、今回は、大したエラーではないので放置しておいてもよいのですが、やはり気になりますよね。これで、Googleが問題無いことを認識すればエラー表示がなくなりますのでスッキリです。

タイトルとURLをコピーしました