40代、50代で英語を学んでいてWould youとCould youの違いがわからないあなたに【ビジネス】【質問】。

40代、50代になっても学び続けるのは良いことですね。でも英語をどれだけ学んでもなかなか身につかないままでいるのも悲しいですね。Would youやCould youは実践でも多く質問で使える英会話として役立ちます。

Would youとCould youの違い

してもらえませんか。していただけますか?のような質問の際、Would youとCould youの違いとはなんだろうと悩むことがあるのではないでしょうか。

どう違うのかとストレスを感じて、このようなことで英語を学ぶことにこのようなことで諦めてしまう人もいるかも知れません。このようなことで諦めてしまうのももったいないですね。ここを乗り越えればきっと英会話学習も次のステップに行くことができます。

Would youは、してもらっても良いですか?というような意味ですが、Could youの場合、物理的にしてもらえるかどうかということを言います。

Would youはWill you。Could youは、Can you。

Would you は、Will you、Could youは、Can youで考えるとわかりやすいですね。

Will youを使用するときは、未来のことを聞いています。Can youを使用するときは、できるかどうかということを質問していますね。

例えば、Will you open the door?とCan you open the door?で違いがなんとなくわかりますよね。それを丁寧に使う表現でWould youとCould youに変わったと考えれば、理解できると思います。

あとは、実践で使っていけばきっとわかってくると思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました