40代ゼロからの起業で知っておきたい5つの戦略

ゼロから事業を立ち上げるのは相当しんどいです。いままでに事業立ち上げの経験があるならばまだしも初めてのことは何をするにしても大変なことばかりだと思います。

起業戦略

会社を設立して事業を始めるにしても、ゼロから組織や仕事を立ち上げるための戦略を知る必要があります。ただ会社を作ったところでなんとなく事業がうまくいくことはとても難しいことだと思います。

次のことがとても大事だと思います。

  • 時流を知る
  • 相談相手を持つ
  • 認知してもらう
  • 大きな経営目標
  • 信頼を得る

時流

今の時流を知って活用することはとても大事だと思います。今の時流がどのようなものかを知った上で行動を起こすことは起業にあたってとても重要です。

もし自分の企画や意見が時流にあったものであれば多くで求められているものであり成功に近づくと思います。自分では思いもよらなかったサポートなども得やすくなります。企画、人材など想定以上の成果が最短の時間で上がることもあります。

相談相手

どんなに素晴らしい経営手腕を持っていたとしても大きな仕事を一人ですることはできません。成功した経営者ほど多くの優秀な人材を集めて能力を発揮して貰う必要があります。その際に経営者の右腕だったり、師匠、アドバイザーのような人が方向性、戦略を示してくれたり、過ちを指摘してくれるなどの相談相手の存在が必要です。経営者は、どうしても権力を持ちやすく孤独にもなりやすいですし、不安も口にはできないものです。そのような経営者の状況を理解しサポートしてくれる有能な人材が必要です。これから起業にあたって良き師匠、メンターは成功できるためにとても重要だと思います。

認知してもらう

起業したばかりの会社や商品は知られていません。他の会社や商品よりも優位だということを知って貰う必要があります。名前を知ってもらえることによりブランド価値が高まり、今後の人材や取引先などいろいろな面でメリットが多く出てきて活動しやすくなります。

ビジョン

起業する際、起業として経営目標を掲げることはとても重要です。簡単に言えばビジョンは経営目標です。数字で示す定量的なこともあれば数値化できない定性的なものもあります。この経営目標は、今後社会から評価を高め、多くの人材を集めていくためには、欠かすことができません。もちろん、行動とともに伴うように、言葉だけであってはいけないです。

信頼

もしも自分に才能がないとしても、信頼を勝ち取ることにより多くの協力者、大きな仕事を成し遂げることができます。この会社であれば大丈夫。あの人の言う事なら間違いないだろうと思っていただけることがとても重要になってきます。

まとめ

社会の状況や人々が望むことを知り、それを自分の仕事に活かすことで予想を遥かに上回るような成長を自分の会社にもたらすことができます。

経営者が進むべきゴールとそこに向かうための手順をアドバイスしてくれる良き師や相談相手を得ることはどんなリーダーにとっても重要です。

自分や会社の名前を社会に認知してもらうことで仕事が格段にスムーズになります。

ビジョンは、会社のあるべき姿や成し遂げたいことを表明したもので説得のあるビジョンを掲げることで有能な人材や協力者を集めることができます。

自分や商品の信頼を得ることはとても重要です。過去の英雄は自分の命を危険にさらしてまでも信頼を勝ちとろうとしたほどです。

どれもかんたんにできそうで意外とできていないことがあり、実際になると難しいです。このことを起業時に踏まえてスタートできれば将来の成功につながると思います。絶対に成功したいと思うならば、起業にあたって一度この5つのことを考えてみると良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました